justice最終考察について

現在管理者が多忙の為、この考察は日本オリジナル職だと思われる『ハヤト』及び『カンナ』等と同時に考察するものとします。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-07-07 20:57 | 考察系  

ジャスティス第2弾簡易考察

当ブログは事後考察がメインですが、これはジャスティス期間中の方が望ましいかなと思い、簡潔に考察しておきます。


ファントムのSPMB(ジャスティス商店よりJコイン55枚)で何を選択するべきなのかについてです。

いずれ修正されるバグとして、現状ケインエキスパートの熟練度上昇効果が適用されていないことが1点。

2点目には効果持続スキルは早めにMAXにして他のスキルと時間を合わせた方が使いやすいということ。

この2点を踏まえ、ファントムのSPMBは「プレイオブアリア」が良いのではないかと考えます。

最終的な判断は個人の判断に委ねられますが、当ブログとしてはアリアをお勧めさせていただきます。まだ4次していないなどでSPMBを迷っているなら参考までにどうぞ。

ちなみに、タレントオブファントムシーフ(以降TOFS)のSPMBは存在しません。


また、ファントムの神秘のマスタリーブックに関し、MAXLv30のものは30しかでないとよく聞きますが、データ上出るのはそのスキルの上限LvのMB…

すなわちノワールカルトであれば20、TOFSであれば30しか出ないようになっているようです。

しかし一応20もでるようなので、確率は相当低めに設定されているといえるのではないでしょうか。

詳しい考察は次回として、今回はジャスティスフェスティバル中だからこその考察とさせていただきます。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-06-15 04:32 | 考察系  

ジャスティス考察2-スキル改変

ここではスキルの改変について考察しますがその前に一点。

ジャスティスにおいてモンスターパークも改変され、初級と中級のLv差が40Lv分くらい開くようになったのもジャスティスの特徴かと思います。



<海賊系統及びその他>

実は海賊キャラはリンクスキル持ちのキャノンマスターしか持っていません。

だから海賊スキル考察はなしですが、メルセやDスレイヤーなどについて考察します。

キャノンマスター系統/Dスレイヤー/メルセデスにおいての改変ではスキルの弱体化としか言いようがない改変となりました。

上記3職は全体的にスキルダメージの減少がなされました。

そして、Dスレイヤーは4次のヴァンプリックタッチの性能が大きく改変され、アランのドレインのような効果は得られなくなってしまいました。

実際使っていてもいつ回復しているのかさっぱりわからない程度です…。

メルセはファイナルアタックのダメージがばらつくように変更され、合計ダメージは冒険家のファイナルアタックにも及ばなくなっています。

ついでにいえば冒険家と比べてイシュタルの威力がかなり低いような気がするんですけどね…。

以上の変更点でDスレイヤーにおいてはちょっと体力回復の観点において4次しても3次までと大差ないようになってしまったような気がします。


<盗賊系統>

盗賊とは言いますがDBはあまり変わっていない気がするのと、冒険家の盗賊と同じ改変点が多いので今回は考察しません。

また、斬り賊も一応居ますが別IDであり、育てていないので考察外です。

投げは今回の改変に乗じて初代投げの意志を継ぐべく新規作成しました。

まず共通の1次ですが、ディスオーダーの削除とヘイストの1次降格がメインかと思われます。

ディスオーダーは敵の能力を下げてターゲット解除効果があったので少し残念です。

しかしヘイストの1次降格は多くの人にとってプラスになるといえるでしょう。

発動硬直が長くなると言う変更もありますが、1次の時点で移動速度を上昇させることができるので苦にはならないでしょう。

また、併せて移動速度上限増加効果も追加されました。

移動速度上限増加スキルを持たない職(主に戦士/魔法使い系,アラン除く)にとってはこれがあるだけで最高速で移動することができますので必要性は以前と変わりないかなと思います。

なお、移動速度上限増加スキルは同時に移動速度も上昇させる効果を持っている可能性が高いのでそのスキル+ヘイストで最高速になる可能性が高く、どの職においても有意義なスキルだと考えます。しかしながら盗賊はその例外となりますが…。

次にシックスセンスは上昇値が1Lvあたり22に向上、MAXLvが10に減少しましたし、ラッキーセブンはダメージが全Lvにおいて+20%となりました。

ダークサイトは仕様変更を受け、Lv6以下では移動速度が-補正を、Lv7以上では+の補正を受けるようになりました。

これにより以前のようにヘイスト状態で使っても移動速度が上書きされてしまいヘイスト維持の高速で接触を避けながら移動することは不可能となりました。それ故にダークサイトを使用後は必ずヘイストをかけ直す必要性も出てきてしまいました。

この変更点はどちらかといえば以前の方が良かったように思えて仕方がないです。


次に2次ですが、ここでの変更はフィジカルトレーニング・手裏剣バースト・ウィンドタリスマンの追加、フラッシュジャンプの2次降格ですね。


フィジカルトレーニングは他職にもあるとおりDEXとLUKを上昇させることができるありがたいスキルです。自分の育成方針に合わせて適当にSPを振ってMAXにしましょう。


手裏剣バーストは元3次におけるアヴェンジャーの下位互換だと考えています。

理由としては遠距離複数攻撃という点です。

爆発地点を中心に4体まで巻き込んで攻撃できますが、若干攻撃可能範囲が特殊な気もします。


ウィンドタリスマンは4次の忍者ストームの下位互換だと考えています。

理由は押し出しスキルだという点ですね。

以前と比べて気絶の削除と左右に押し出しが前方だけになっているという変更点はありますが、押し出し距離も優秀ですし、前述のバーストと組み合わせると攻撃が複数に当たって便利です。

なお、ジャンプ移動しながら連発すると敵を固めるのにも役立ちますね。

とはいえ4体限定なのがちょっと厳しいですが。


フラッシュジャンプは既存のものと変わりないのであえて考察はしませんが、変更点といえばMAXLvが10減少し消費MPが10増えたことでしょうか。


3次においては、シャドーパートナーの攻撃力増加及び召喚の石不要・シャドーウェブの捕獲率低下及びダメージの追加・シェードスプリットの追加、それからアルケミストからアドレナリンへの変更・その他4次スキルの降格ですね。


影の攻撃力上昇は全体的な火力向上につながりますし、召喚の石が不要になったのでとても嬉しい変更だと考えられます。


シャドーウェブは…捕獲率の低下とダメージの追加ですが…使うときって限定されているので人によっては不要かもしれません。


シェードスプリットは4次におけるアンブッシュの下位互換だと考えています。

理由は周辺複数攻撃スキルであるから。

スキルとしては手裏剣1個で2体を2回攻撃しているという感じですが、複数攻撃においてはとても優れていると考えられます。

しかし敵の真ん中で使わなければ最大数巻き込めませんし…なんか投げの狩り方ではない気もします。

アルケミストからアドレナリンへの変更は正直しなくてもよかったのではないかと思ってしまいますね。効果としては持続時間向上の削除及び回復率の20%向上です。%回復系でない限りは回復量の低い薬で済むというメリットが大きいですね。


ダークフレアは変更点無し、ラジカルダークネスは2次からの上位互換で、HP上昇率と耐性が向上しています。


また、4次からの降格にトリプルスロー・スピリットジャベリン・手裏剣マスタリー・ベノムがあります。

トリプルスローは降格に伴い連続投げから同時投げに変更され、投げるエフェクトも地味になりました…。

なぜ同時投げに変更したのかは疑問のままですが…、以前のようなテンポ良さはどこへ消えてしまったのやら。


スピリットジャベリンはスピリットダークの3次降格。

降格したとはいえ、MAXLv20減少と消費手裏剣数がLvごとに減少して最終的には以前の半分になるということで良くなったように思います。しかし代償として使用硬直時間がかなり増加しました。


手裏剣マスタリーも3次に降格ですが、それに伴いダメージ増加スキルも変更されました。

増えるのはラッキーセブン・手裏剣バースト・ウィンドタリスマン・トリプルスローの4種ですね。

なお、以前はスピリットダーク発動中の全クリティカル効果はなかったようですが降格と同時に可能となったようです。


ベノムは単なる降格ではなく重複しない毒攻撃というものに仕様変更されています…が、4次における上位スキルで重複可能となりますね。



最後に4次スキルですが、フェイタルベノムと手裏剣エキスパート、クワドループルスロー、ダークセレニティ、パージエリア、サドンレイドが追加されました。


フェイタルベノムは3次に降格したベノムの毒ダメージと確率、そして毒を重複可能にするスキルですが、以前のようにダメージ自体が増加するのではなく2…3段と積み重ねで重複を表現するように変更されています。


手裏剣エキスパートは最近多くの4次職に実装されてきている上位熟練度向上スキルで、攻撃力とその最低値を引き上げるスキルですが、ダメージの安定の意味では優先度が高いでしょう。
また、MBはなぜか「ジャベリンエキスパート」なので注意した方がいいかもしれません。


クワドループルスローは4連続で手裏剣を投げるということで投げる動作を見ていると少し遅いのではないかと思っていたのですが、実際はラッキーセブンなどと同じ速度で投げているため、今まで通り連続投げスキルとして、及び4次単体主力として活躍してくれることでしょう。
ちなみに、影使用中に投げてもHIT音は6回ほどしか聞こえませんが、実際は8回当たっていますね。
影なしで投げたらわかりますが、4個目の手裏剣が若干遅れて投げられています。
だからこそ影を使って投げると5(本体4)個目と6(影2)個目の手裏剣が同時にHITするため6回のHIT音になっています。
ちなみに略称は QT になると思いますし、Quadrupleの読みとしては [クアドラプル、クォドラプル、クワドループル]というものがありますね。


ダークセレニティは攻撃力が最大で40も上がるので全体的な火力向上として優先度は高いと思われます。
また、トリプルスローにあった防御率無視効果もこのスキルに継がれていますね。


パージエリアは狩りにしてもそれほど必要無いような気がするスキルなのでそれほど重要ではないでしょう。

サドンレイドに関しては以前のDBにあったものとほぼ同じものですが、改めて盗賊の全体攻撃スキルとして追加されました。一旦削除された理由は盗賊全体の全体攻撃にする為だったんでしょうか…。




ジャスティス第1弾の考察はこれにて終わりと致します。

余裕がないために遅くなり、若干考察不足もありますがその点は容赦願います。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-05-30 03:58 | 考察系  

ジャスティス考察1-イベント系

既に終わったイベントが多くありますが…

一応概要だけでも記載しておきます。


まずは職業改変イベントで海賊と盗賊にはSP初期化呪文書が無償配布、及び左記職業群が2次以上転職ごとに攻撃の書が貰えるというもの。

また、10~70までの装備支給や連合の指輪、120以上の3LvUP挑戦・70Lv以上のキャラへのSPMB支給もありましたね。

いずれも自キャラを強化するには丁度良いようなイベントだったかもしれません。

しかもSPMB配布に至っては既に一度得ているキャノンマスターのものまで配布されたのである意味おいしいイベントになったかもしれません。


ジャスティスコイン及び商店イベントは半年前のレジェンドにほぼ同じように思えますが、武器に120M武器の追加とSPアイテムの品揃え変更などがあるので若干違うものとなっています。

相変わらず一番良い武器はコイン数が相当必要になりますが能力もそれなりですね。

…とはいってもレジェンドの時の武器と見比べてあまり大差ないものも存在しますが…

例えばメイプルブレイドなんかはHP+300と攻撃+58ですが、レジェンド(<ジャスティス>)ドラゴンブレイドと比較するとHP-100 攻撃+1にしかなっていないことがわかります。

ファントム用の武器、ケインも…110でA+108 120でA+111と3しか変わっていないんですね。

潜在を考えて120にするか、大差ないから110で行くかは個人の選択とコイン数によるかもしれません。


ホットタイムイベントは恒例ではありますが、Jコイン20枚とセットになるものの配布でしたね。

とはいってもセット能力が大したものではないので捨ててしまった人も多いかもしれません…。


金箔時イベントは以前のものと同じですが、初期は鏡の中でアイテムがドロップしないと言うアクシデントも起きました。

しかも公式にある阿修羅の兜ではなく、前回の修羅兜が出るようになっていました。

一応公式の兜も出たようですが未だに私は見た覚えがないです。


古代遺物大会については、以前のような形ではなく1日ごとに1000P集めてクリアするというものになっていましたね。

今回はたくさん集めた人だけではなく7日間集めれば誰でも勲章を得られるという仕様でなんだか良かったように思います。

しかし本来なら10日間実施できるはずだったのではないかという噂もありますが、どうだったのかは不明です。

ちなみに、遺物箱からでるアイテムから ??? …という書もでましたがせめてアクセサリか防具かくらい書いてほしいものです。

1日目の勲章の能力はそれほどでもないですが、7日目の勲章は+3 HPMP/物防/魔防+100 移動/ジャンプ+15 攻/魔+2 という性能を持ち、過去にあったモンスターレイド2段階達成の上位互換勲章といえなくもないのではないかと考えます。


黄金夢豚イベントは指定時間に黄金の豚が湧き、倒すとJコイン5個が必ず。そして自分のLv帯に合っていれば夢豚箱もドロップするというものでした。

しかも狩り場によりますが大体5分に1体湧くペースなのでJコイン集めにはもってこいだったのではないかと考えています。

また、箱から手に入るベルトは昔の道場ベルトとHPMP+250という能力で強化なしでも使い物にはなるのではないかと思います。

ちなみに私は専用書強化したらほとんど無に帰したので収穫はあるキャラ以外なしでした。

しかも箱からでるものの確率で一番高いのは交換不可の50個でしたが、ある意味消費に邪魔な存在だったかもしれません。

また、カサンドラの予知夢はその黄金夢豚を討伐するだけのもので、討伐すると交換不可のアクセサリ系60%書が貰えるものでした。

このアクセサリ書をどのように使うかで未来が変わるかもしれません。


最後に、第2弾1週間前から更に帰ってきたプレゼントボックスが行われ、プラチナまで交換してあけるとJコイン4枚と怪盗の羽装飾(ALL+8)がついてきました。

正直Dホーンとか持ってると不要の長物になりやすいのですが、見た目が良いので捨てるかどうかは好みになりそうです。

なお、出るものは以前と同じく肯定の混沌書や○星強化書などでした。



そういえば怪盗の招待状というクエで怪盗の招待状とJコイン、ファントムの装備品であるファンタズマカルトが未鑑定状態でプレゼントされました。

ここで疑問に残るのは怪盗の招待状がクエストアイテムであること。

既に使った人もいるなかで、もしかしたら?という疑念がありファントム実装まで持ち続けようとしている人もいるのでは?

実際それが報われるかどうかは定かではありませんが、報われてほしいなと思います。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-05-30 02:21 | 考察系  

遅すぎる考察…1

忙しさのあまり全く考察できず、第2弾の当日深夜に考察になってしまい申し訳ないですが…

とりあえず以前のパッチで気づかなかったことでも記載しておこうかなと思います。


以前のパッチでアランのスキルが改変されましたが、どうやらその際に○○スイング系を使って攻撃しても「常に」前進しないように変更されたようですね。

暫くアランはやっていなかったので連合の進撃からなのかは定かではないですし、知っている方も多いかとは思います。

しかしこの変更は善悪ともにありますね。

いい点としてはボスなどで制止したまま攻撃をし続けることができること。

悪い点としては進まなくなった為に攻撃でKBした敵を自力である程度おいかける必要性がでてきてしまったこと。

かなと思います。

最終的には慣れと個人の操作感によるのであまり詳しくは言及しませんけどね。


また、DKもスキル改変において詳しく見ていませんでしたが、ダークフォースの効果に追加がありましたね。

クリティカル率+10%とクリティカル最小ダメージ+15%。

これによりクリティカル率は45%となり、最小ダメージはジャッジメントと併せて135+15=150%。

つまり最大と最小が同じ値なので倍率としては固定値になりますね。

恐らく現存の職でクリティカル増加ダメージ幅がなくなるのはDKだけになると思います。

ついでに全ての槍の攻撃速度が普通に変更されたのも相まって複数相手では結構強くなったのではないかと考えられる職になった気がします。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-05-30 01:47 | 考察系  

次回アップデートについて

4/11時点で公式にて告知があったため知っている方も多いかと思われますが、次のアップデートはJUSTICEのようですね。

JUSTICEでは再びスキル改変や新規職業の追加が行われるものだと思いますが、これまでを振り返ってみるとなんだかスキルの改変を伴う大型パッチばかりが行われているように思います。

レジェンド、連合の進撃ときてもう次はJUSTICEですか…。

レジェンドから連合の進撃は少し間があったように思いますが、連合の進撃からJUSTICEについてはほぼ間髪入れずに行われるような気がしてなりません。

これほどまでにスキル改変を伴う大型パッチが連続して行われる意図はなんなのか、それが疑問として残ります。

私としてはこのような大型アップデートよりも昔のようにGMイベントを開催してほしいものです。
[PR]

# by kaninngusite | 2012-04-18 21:06 | 考察系