考察等基礎知識2 <職業等>

<職業>

<冒険家>
メイプルストーリーの始まりから存在した職業。
当初は戦士・魔法使い・弓使い・盗賊の4職しかいなかった。
2008/7/30のアップデートより新職業として海賊が追加された。
また、2010/7/14実装のデュアルブレイドと2011/10/19実装のキャノンシューターも一応ここに属する。

<シグナス騎士団>
2009/7/29実装。
位置的には冒険家の下位職業で、最大Lvが120。
冒険家にはないスキルも持っているのが特徴で、Lv70まではAP6ずつ取得できる。
冒険家と共通のスキルは同能力かそれ以下の能力に設定されている。

<英雄>
2009/12/16のアラン(戦士)実装を筆頭とする
2010/7/14のエヴァン(魔法使い)
2011/10/19のメルセデス(弓使い)
2012/5/30のファントム(盗賊)
が該当する。
韓国では最後の英雄、ルミナス(魔法使い)が実装されている。
どの職にも冒険家にはない独特なスキルを持っており、武器も固定されている。(エヴァンは例外)

<レジスタンス>
2010/12/15にワイルドハンターとバトルメイジが実装。
2011/1/26にメカニックが実装。
2011/11/16にデーモンスレイヤーが実装。
いずれも冒険家とは異なる攻撃スキルを持つ。
ちなみに盗賊は教官であるジグムント曰く…

<暁の陣>
2012/7/25実装のハヤト(戦士 / 侍 / 水星)
2012/8/16実装のカンナ(魔法使い / 陰陽師 / 火星)
が該当する。
いずれも戦国時代を基準に考案されているため、スキル名などがその影響を受けている。
また、韓国でのルミナスがボイスを持っているのを受けてか、この2職も特定スキルにボイスがついている。
5星ということなので、残りの3星はいつ出てくるのか謎である。




<転職>

<1次転職>
何事も基礎から、ということで全職業の初期段階。
昔は特定ステータスを規定の値まで上げていなければその職業に就くことができなかった。
現在では転職時にそのステータスがその値まで自動的に振られるようになっている。
また、冒険家・シグナス騎士団・レジスタンス(Dスレイヤー以外)はどの職業に就くか選択制である。

<2次転職>
昔は職業ごとにおいて命中や攻撃範囲において難しいものがあった。
例えば戦士であれば必中させるのに命中が91程度必要だったり、弓使いであれば敵が密集しすぎていて弓で殴ってしまうことになったりなどである。
現在ではそれらも解消され、以前よりは転職しやすくなっている。
また、ここで選択した職業で3・4次を貫き通すことになる。選択は慎重に。
(最初から職業名が決まっている英雄やDスレイヤー以外)

<3次転職>
昔はエルナスの転職官に話しかけてからビクトリアの転職官に話しかけ、職業ごとに違う次元の扉へ行って転職官を倒し、黒い護符を得る。そして転職官から強靱のネックレスを得てエルナスの転職官へ。更にエルナスの聖地で闇のクリスタルを捧げて問題を5問連続正解し、知恵のネックレスを得てそれを転職官に渡して完了するものであった。もちろん問題に間違えれば闇のクリスタルはそのたびに必要であった。
しかし現在では大方の職業がエルナスの転職官に話しかけ、エルナスの聖地から1次の転職官と戦える場所へ直通で行くことが出来、そこで倒して黒い護符を取得しそれをエルナスの転職官に渡せば転職完了という簡単なものになっている。
また、現在でもデュアルブレイドは闇のクリスタルを用いた問題があるようである。
また、レジスタンスは発電機っぽいものの破壊、英雄はそれぞれの職での条件を満たすことで転職できる。

<4次転職>
昔は現在のレッドドラゴンとグリフォンを討伐する方法以外に秘密の呪術書(秘密のコーク原液)を村長タタモに渡して突破するという方法もあった。
が、現在では討伐して入手する以外の方法はなくなっている。この点を除けばあまり変更点はない。
また、現在では転職完了してもなぜか英雄の星とペンダントが消えない。




<アップデート関連>

< Big Bangアップデート>
メイプルのユーザーインターフェースごと変更する大がかりなアップデート。
しかし考えてみればこのアップデートからゲームのバランスが崩れだした。
特に職業ごとにおける攻撃力格差などがそれにあたる。
つまるところ、『Balance Breakアップデート』である。
多くの人が、「このアップデート以前のメイプルの方が良かった。」と語る。
[PR]

by kaninngusite | 2012-08-20 02:21 | 考察基礎知識系  

<< ハヤトスキル考察 戦国時代考察及び予定 >>